仕事を知る職種紹介

働きやすさ
自信有り。

社員の負担は一切なく、高業績には高収入として還元。働きやすい環境づくりには自信があります。

タクシードライバーは、ただお客様を目的地に送り届けるだけが仕事ではありません。他の交通手段が不便な地域にお住まいの方、高齢者、通院中の方などのご利用も多く、社会貢献性が高い仕事でもあります。乗る前から降りた後まで、気持ちよく利用していただけるように、私たちは日々真剣に業務に取り組んでいます。小型タクシーからスタートし、中型タクシー、ジャンボタクシー、ハイヤーへとステップアップ。社内の観光試験に合格すれば、修学旅行など観光タクシー業務も担当できます。キャリアアップと共に収入アップも実現!
やりがいのある環境で一生懸命働き、仕事を通じて人の役に立つ。そんな熱い思いをもった方の応募をお待ちしています。

小型タクシー

三つ葉の行灯(あんどん)と赤白の車体といえば、だれもが思いつく「ヤサカタクシー」。
最初はこの赤白のボディカラーの小型タクシーからキャリアをスタートしていただきます。
京都でこのボディカラーといえば「ヤサカさん」として親しまれていることもあり、タクシー乗務未経験者であれば「ヤサカがお客様に選ばれている」ことが実感でき、タクシー乗務経験者であれば「今まで経験したどのタクシー会社よりもお客様が丁寧で親切である」ことを実感できるはずです。

中型タクシー

観光資格を取得して、次のステップになるのが「ヤサカの黒」といわれる中型タクシーです。 小型タクシーとは違い、冠婚葬祭での送迎業務や、花街(かがい)の芸舞妓さんや企業トップの送迎、また京都が注目される各種会議への関わりなど、小型タクシーに比べ仕事の幅が大きく広がります。

そして京都を訪れる国内外の観光客に対して、自身の知識と言葉で京都の魅力を伝える観光タクシーを担当することもあります。
小型タクシーよりも幅広い仕事に「ヤサカでのやりがい」を感じることができるはずです。

ジャンボタクシー

観光タクシーや関西空港シャトル、そして京都が注目される各種国際会議や祭礼でも活躍するジャンボタクシー。
京都市域交通圏で登録されているヤサカタクシー約1300両のうち、ジャンボタクシーの数はわずか80両弱。
つまりジャンボタクシーを担当するということは、運転技術や観光知識だけではなく、全ての乗務員の見本となるような立ち居振る舞いが求められます。

ハイヤー

ヤサカの乗務員の最高峰となるハイヤー乗務員。ヤサカのハイヤーをご利用されるのは、テレビや映画でみなさんが見聞きする有名人だけではありません。
国賓クラスや各国首脳といった国内外の要人のお供も私たちの大切な仕事です。

京都でも、そして国内でもわずかな乗務員しか担当できない要人のお供をする仕事。
そのようなお客様に快適な空間を提供し、そして「ありがとう」と言っていただける、これはヤサカでしか提供することのできない重責である反面、とてもやりがいのあるお仕事です。

キャリアプラン

未経験からプロフェッショナルへ