イベントレポート

レポート

観光タクシー参加型会社説明会2019年10月30日(水)開催

2019.11.27

山﨑ドライバーから見た「タクシー会社で働くこと、仕事のメリット&デメリット」

彌榮自動車人事部に集まったのは20代から40代までの男女4名。彼らと共に「観光タクシー参加型会社説明会」が始まりました。

当日担当するドライバーは山﨑社員、彌榮自動車女性初の学卒ドライバー、そして女性初のハイヤードライバーです。

参加したメンバーはそれまでに合同企業説明会や入社説明会で彌榮自動車の概要についての話を聞いていたこともあり、新たな視点で会社を知ってもらうことを目的に、山﨑ドライバーから見た「タクシー会社で働くこと、この仕事のメリット&デメリット」について、約30分説明がありました。

「建仁寺」での観光を体験

その後、場所をジャンボタクシーに移して五条通りをひたすら東に向かい、国内外からの観光客で賑わっている祇園花見小路を抜け、向かった先は...
風神雷神図屏風で有名な建仁寺。

到着後、山﨑ドライバーが最初に説明したのはその風神雷神図屏風について。風神と雷神がどのような意味を持つのか、そしてその複製に協力した某メーカーの社名由来について説明。

次は「○△□乃庭」についての説明、そして「○△□ってどこにあるか」のクイズも踏まえながら、お客様から聞かれそうなことについて、ドライバーの立場から説明しました。

ちなみに、観光ドライバーをするにあたり、必要なことのひとつ、それは「お手洗い」だそうです。
例えば、お手洗い自体がきれいなのか、温水洗浄機があるのか、トイレットペーパーが備え付けなのか…など、お客様の目線に立つにあたり必要なことについての説明がありました。

そして方丈や庭の説明に続き、最後にやってきたのは法堂。
当日参加した4名のうち、2名は英語が堪能なこともあり、山﨑ドライバーが建物と双龍図について、約5分英語で説明しました。

最初はざわついていた法堂内も、山﨑ドライバーの説明を聞くために、聞き耳を立てている観光客見られるなど、静寂の中に山﨑ドライバーの説明が聞こえていました。

最後に

帰り道も説明会参加者からの質問に答えながら、彌榮自動車人事部に到着。
最後は参加者の感想と質問に答えながら、フィードバックを行いました。

「観光に興味がありタクシーとの関わりがよく分かった」「タクシーという仕事のリアルを知ることができた」
「この仕事に不安があったけど、すごくかっこよく思ったし、不安がなくなった」など、数々の声が聞かれました。

観光タクシー参加型説明会は繁忙期を除き毎月予定しています。
少しでも私たちの仕事、そして観光との関わりに興味をお持ちの方がいらっしゃいましたらぜひご参加ください。
ひとりでも多くのみなさんとお会いできることを楽しみにしています。